虫歯をひどくしてしまい結局歯を抜く

虫歯をひどくしてしまい、結局、歯を抜くことになってしまいました。ブリッジという選択肢もありましたが、他の選択肢としてインプラントをすすめられて、自分の気持ちが固まりました。


ブリッジより高額な治療で、時間もかかりますが自分の歯に近い使用感があるとのことでした。手術が終わり、インプラントを使っているうちに、だんだん違和感なく噛むことができるようになりインプラントにして良かったと思いました。

顎骨に人工歯根を埋め込んで義歯を固定するインプラントは、一種類だけではなく、部品の接続形態によって数種類の分類があり、患者さんの健康状態などに応じて使い分けられます。

人工歯根とアバットメントが一体型で、一回法の施術に用いられる「1ピース・インプラント」、あるいは1ピースタイプと呼ばれるものと、分離型の2ピースタイプがあり、ほとんどのインプラントは2ピースタイプです。2ピースの場合、アバットメントが人工歯根と別のパーツとして取り付けられるので、パーツ同士の結合部の形によって、二つのタイプ(エクスターナル・コネクション、インターナルタイプ・コネクション)に分かれます。この内、インターナルの方がアバットメントの接続が容易と言われています。長い治療期間を経てやっとインプラントが安定しても、安堵するのはまだ早いのです。

義歯を劣化させず長持ちさせるのは、治療後のメインテナンス次第なのです。

口腔内ケアの仕方を病院で教えてもらえる筈ですので、毎日欠かさず行うようにしましょう。


結局、自分の歯は自分で守らなければならないのです。さらに、インプラントにした部分には当然、自前の神経はないですので、普通なら感じるような口内の違和感にも鈍感になりがちです。治療が終わってからも歯医者さんに通うのが大事ということですね。高額なインプラントは、一体何年くらいもつのかというと、歴史が比較的浅いのでデータも多くはありませんが、治療後のメンテナンス次第で自分の歯と同じくらい保たせることが可能というケースが増えています。とすれば、普段のメンテナンス次第でかなり長い間保たせることができますが、ひとたびケアを怠ればインプラントの維持が難しくなってしまうということを忘れてはいけません。

歯科におけるインプラント治療では、あごの骨に埋める部分の素材はチタンが主流です。



骨との親和性が高く金属アレルギーも起こりにくい素材の一つです。

治療を始めるにあたっては頭部CT、あご周辺のレントゲン、口腔内検査といった検査を綿密に行い、その上で治療方針を決めて本格的な治療がスタートするので納得した上で治療を始められます。一通りの治療が終わったあとは、メンテナンスを欠かさず継続することで安全で、快適な使用が続くことを期待できます。


人工物であるインプラントが虫歯になることはありませんがメンテナンスは自分の歯より楽ということにはなりません。小さな損傷を放置すると全体が傷んでくることもありますし歯茎と歯根の間に細菌感染が起これば当然、歯肉炎や歯周病は起こり得ます。残存している歯と同様に歯科医、衛生士に言われたことをしっかり守って完璧なセルフケアを目指してください。その上で、定期的に歯科医院でメンテナンスをしてもらえば完璧です。

欠損した歯を補う手段はいろいろありますが、インプラントはその中でも安定した使用感が得られ、自分の歯のように安心してガムを噛めるのもけっこう大事なメリットの一つです。隣の歯の上に人工歯をかぶせるのではなく、インプラントの根元はあごの骨の中にしっかり入っています。だからガムを噛んでも歯がポロッと取れることはありません。

人工歯全体もどれほどガムを噛んでも傷まないほど頑丈です。キシリトールガムも、問題なく楽しめます。インプラントはメリットの大きい治療法です。

けれども、そのマイナス面も知らなければなりません。



まず、ほとんどの場合、他の歯科治療より費用がかかります。


高くついた場合、数十万円にもなるケースもまれではありません。あとは、治療が失敗したとき、起こった問題は、相当深刻化する可能性があるリスクも背負っています。

障害を負うにとどまらず、死亡事故も実際に報告されています。



例外はありますが、インプラント治療は保険は適用されず、全額自己負担の自費診療です。医療費控除は受けられるので、覚えておきましょう。

手間はかかりますが、年一回の確定申告によってすでに収めた税金を取り戻す申告をします。医療費控除を受けようとすれば歯科医で発行した領収書は支払いの証拠となるため絶対再発行されないと肝に銘じておき、暦年単位で、大事に保管しておきましょう。


費用や手間の面から考えても、インプラント治療はインプラント以外の治療はできないという方にすすめられる治療なのです。



クラウンやブリッジの支えになる歯がない、入れ歯だと噛む力が十分得られないなどの理由で必然的にインプラント治療になるという事情を、ほとんどの患者さんが抱えています。



インプラントと入れ歯がどう違うかというと、インプラントは噛み心地は自分の歯に近く噛み応えがある分だけ、食事も美味しく感じられます。